探偵業界で絶えないトラブルを考える

探偵に浮気調査を依頼する前に「自身に浮気調査が必要か?」今一度、考えることの重要性は非常に高いと思います。

何故なら、探偵が実施する実働調査(素行調査・浮気調査)は時間料金で目的に応じた時間で実施されるため、一度の浮気調査で必要となる料金が「決して安くはない」ということが理由として上げられるからです。

目的である浮気の証拠は取得出来たが、調査に要した費用が数百万であったりすると「調査目的に見合わない費用」となってしまい、御依頼者が後悔してしまうことも十分に考えられるのです。

探偵業界において発生する依頼人とのトラブルの多くは料金に関するトラブルが多いことはご存知でしょうか?

このようなトラブルは探偵側だけの配慮では解決しない問題と言えます。

実施しようとしている調査の難易度、調査結果を得る為に必要な時間や期間は異なるものであり、依頼者側がそれを理解することはとても難しいことです。

探偵が調査着手前に提示した概算見積もりや料金表が明朗であれば問題は少ないでしょうが、予想外に調査が難航してしまい、結果的に御依頼者の想定を大きく超える調査費用がかかってしまった場合などは探偵と依頼人の関係はギクシャクしてしまいます。

このような状況が多い探偵業は、結局のところ「探偵の誠意」と「依頼人の理解」がなくてはならないと考えられるのです。

探偵が調査が難航する理由を誠実にご依頼人に説明し、調査の妥協点を設けて納得してもらうことが重要になるでしょう。

調査で発生する多くのハードルを探偵とご依頼人の二人三脚で解消し、少しずつ信頼関係を深めることがキーポイントになると考えられるのです。

探偵は淘汰されゆく職業なのか?

探偵に可能な調査は正直なところ、現状では多いとは言えません。

なぜなら、探偵業法での制約があることも否定できませんが、情報の入手ルートにも制約がかかったことが大きく影響しているからです。

かつて探偵の調査は「グレーゾーン」と隣り合わせで実施されることが少なくない現実にありました。

そのグレーゾーンである部分に法規制による制約がかかったことにより、探偵に可能な調査が制限されたという状況に繋がっているのです。

先輩探偵と呼ばれる昭和の時代から探偵業に従事する人物達からすると「仕事にならない」という心境なのでしょう。

かく言う私は平成からの探偵なので、現状を受け入れることにそれ程の抵抗は感じていません。

全ての職業に共通して言えることですが、法規制で淘汰されゆく職業は存在する、ということなのでしょう。

ですが、現実問題として出来ない業務を可能と宣伝してしまうことは探偵としてあってはならないと個人的には考えるのです。

不器用なのかもしれませんが、質の悪い品物を提供するくらいならば辞める判断も必要なのでは?と考えてしまうのです。

探偵業界の不況は今後も終わりがないでしょう。

そして、不可能な調査を可能と口にしてしまう探偵の存在はトラブルを生み「探偵業界の将来に大きな影を落とす」と言えるのです。

トラブルを生みやすい探偵の3大タブー

探偵に不向きな人物の特徴は大きく3つあります。

著者の主観でのお話しで申し訳ありませんが、世の中で探偵として活動するためには不必要な要素なのでお話ししておきます。

①自分の都合を優先

まず、探偵として務まらない人物の特徴として第一にあがる理由に「自身の都合を優先した日常」が何よりも大切と考える人物があげられます。

探偵として営業する相談業務を実施する人物であっても、現場で調査業務を実施する探偵であってもこの要素を譲れない人物は「依頼人の希望に沿った業務が実施不可能」ということが言えます。

あらためてお話するまでもなく「探偵は不規則な業務が求められる」仕事と言えます。依頼人の対応をする担当者についても同様であり、早朝に出社したから役所勤めのように夕方きっかりに退社できる業務ではありません。

深夜に緊急な変化が調査現場で起これば「深夜にご依頼者の早急な判断が必要」となることが珍しくないのです。

このような状況下で「早朝から起床して夕方には眠い探偵」は対応が効かないのです。探偵としての自覚の問題なのですが「ご依頼者のニーズ」よりも「自身の健康やプライベートを優先」したいと考える探偵は不向きと言えるのです。

②調査を完遂する自力がない

2番目に大きな事柄として探偵を名乗る人物全てに問われる資質に「調査を完遂する自力があるか?」が大きな要素と言えます。

探偵を利用しご依頼する人物は調査結果を求めて報酬を支払うものですが、調査を請け負った探偵に自力がなければ「ご依頼者は調査結果が満足に得られない」状況に陥ってしまうのです。

忍耐力や経験が足らない人物が「自身の価値観で探偵を認識」していると、ご依頼者の満足を損なう「期待外れな探偵」となってしまうのです。探偵という職業が他の業種と同様に一定時間の勤務で一日の業務が終了し、休日も定期的に訪れる等は論外であると言えます。

探偵社や興信所の規模であれば「交代で定期的なお休み」や「一定時間内の勤務で一日が終了」なども考えられますが、多くの探偵の現実は少人数で過酷な労働時間や休日のなかで継続されている職業なのです。

依頼人のオーダーに応える業務を実施する自力がある人物ならば「探偵としての職業を優先して生活」することとなってしまうものなのです。

当然、依頼人のオーダーに沿った調査を自身の力で完遂するために「結果を出す可能性が高いモチベーション」を維持しつつ調査に望んでいるのです。調査において自力がない探偵は本来「探偵を名乗る資格がない」と言えるのです。

③自分の利益を最優先

最後にお伝えする探偵としてのタブーは「自分の利益を最優先する」ことです。この事に関しては多くを語る必要もありません。

世の中の需要にうまく乗れない探偵は淘汰されてしまう存在と言えます。探偵としてのアイデンティティーが足りない人物は「探偵業務を継続することを優先」するために私利私欲に走り、利益を最優先しご依頼人の求める結果は後回しになってしまうのです。

どのような業種であっても「欲」が大きな仕事は長続きしませんし、世間からの信頼は得られないと言えるのです。

どうでしょう?探偵という職業の本質を少しお話ししましたが参考になったでしょうか。

世間には「自称探偵」と呼ばれるレベルでしか調査を実施できない人物が数多く存在し、依頼人の意向を優先した業務を実施できていない探偵が想像以上に多いことを理解されることでしょう。そして、本当の意味で探偵という職業を理解し向き合っている人物はごく少数と言えるのです。

https://www.ltls.org/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする